スタッフブログ

お家での熱中症対策~浴室~

2018/08/17

夏季休暇を楽しまれた方、まだ夏季休暇中の方。

暑い日々でしたが、お出かけの際の体調はいかがでしたでしょうか?

体調を崩してしまわれた方もいらっしゃるかもしれません・・・

 

まだまだ暑い日々が続きます。

熱中症がどんなものなのか、詳しくご存知でしょうか?

 

熱中症は、温度や湿度の高い環境で過ごしたことが原因で身体の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調整機能が正常に働かなくなり、全身に様々な障害を起こす症状です。

症状としては、

軽度のもので、めまいや立ちくらみ、筋肉痛、筋肉のけいれん・こむら返りなど

中度のもので、倦怠感や虚脱感、吐き気、頭痛など

重度のもので、意識を失う、呼びかけに反応しないなど

があります。

 

外出時はもちろん、お家の中でも熱中症に気をつけなければいけません。

 

意外な場所として、浴室があげられます。

 

西側の浴室は、壁を通して外の熱を取り込みます。

西側に窓があると、取り込む熱の量はさらに増えます。

 

その対策として、新築時に

 

・外壁や窓の断熱性を高める

・西側の窓は避ける、又は小さめにする

・ルーバーを併用する

などの方法があります。

 

そのほか、

・熱気や湿気が気になる時は、入浴前に扇風機などで空気を循環させる

・入浴前と入浴後に水分補給をする(1回に飲む量はコップ1杯程度)

などの対策も欠かせません。

 

そうなると【浴室の窓は不要??】と思ってしまいます・・・

高気密高断熱住宅の場合、通風のためとはいえ、窓を開けることを良しとしないことがあります。

また、

「防犯面の不安を減らしたい」

「防音性を高めたい」

などの理由で、新居の浴室に窓を設けない人もいます。

 

浴室のお掃除をする時も注意です!

浴室のお掃除で困るのが、ドアです。

 

換気口が下部にあるタイプの浴室ドアって、ウンザリするほどカビが生えやすいですよね。

水垢や汚れが付きやすい場所なのに、掃除しにくいあの形状。

最近は、そんな悩み解消のため、換気口が上部や縦についているもの、パッキンをなくしたもの、換気口を取り外せるものなど、工夫を凝らしたドアが登場しています。

汚れが付きにくく掃除しやすい浴室ドアで、浴室掃除を短縮させたいですね!

 

ご家族さまの生活スタイルや思いにあった浴室を選ぶことが1番ですね(*^_^*)

一年中、安全で快適に過ごせるよう、自由な発想で浴室づくりをしてみましょう。

 

新築、リフォームをお考えの方は是非、グッドホームまで(^_^)/

 

 

 

カテゴリー: 浴室  タグ:, , , , , , , , ,

浴室について

2018/06/27

浴室の種類には2通りあります。

在来浴室、ユニットバスがあります。

在来浴室は昔からある作り方で壁はタイル又は石貼り、床も同じ天井は耐水性のある材料を使用しています。

浴槽は木材、ステンレス、大理石などがあります。

工事期間は約2週間ぐらいかかります。

 

ユニットバスは各メーカーで種類がありますが、工場で生産して現場で組み立てる工法になります。

工事期間は約3日ぐらいで施工です。

 

現在はユニットバスがの占める割が多く在来浴室は少ないです。

在来浴室メリットは自由性があり、高級な素材が使えます。

デメリットは、防水をしっかりしないと漏水があります。

そして何より掃除が大変なんです・・・

 

ユニットバスのメリットは、各ショールームに展示してあり体感ができること。

防水性が高くて掃除が楽なことです♪

デメリットはサイズが決まっていて自由性はない、商品によりますが高級感がないのもあります。

ですが、色々なタイプの商品がありますので、選択肢はたくさんあります!

 

浴室のリフォームをご検討中の方は、是非グッドホームまでご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

カテゴリー: 浴室  タグ:, , , , , , , ,

寒くなって起こる病気の予防!!

2017/12/11

あっという間に師走になり、ぐっと冷え込む季節がきました。

 

寒くなって、血管の収縮により血圧の上昇が起こりやすい時期です。

 

皆さん『血管年齢』というのをご存知ですか?

『血管年齢』が高くなると動脈硬化が進み、硬くなった血管に血栓やコブができやすくなり、狭心症や心筋梗塞など恐ろしい病気を引き起こしてしまいます。

『血管年齢』は年と共に高くなっていきますので、血管を若々しく保てれば動脈硬化や狭心症、心筋梗塞の予防が期待できると言われています☆

 

血管を若々しく保つためには正しい生活習慣を送ることが大切です!!

日々の食生活で

・朝食は毎日きちんと食べるようにする

・炭水化物はとりすぎないようにする

・野菜を多くとるようにする

・塩分をとりすぎないようにする

・お酒を飲みすぎないようにする

 

これらのポイントを実践できると、生活習慣病の予防になります☆

 

あとは適度な運動をし、十分な睡眠をとることです!!

ウォーキングやジョギング、難しい方はストレッチをして、健康な体づくりをしてみましょう♪

 

他には、お家での寒暖差をなくすのも1つの方法です(#^.^#)

グッドホームのセルローズファイバーでお家自体の温度変化を少なくし、浴室暖房をつけてお風呂での事故が起こらないように工夫するのもいいですね!!

 

お家のご相談は、ぜひグッドホームまでヽ(^o^)

 

 

 

カテゴリー: セルローズファイバー, 浴室  タグ:, , , , , , , , ,

浴室のリフォーム

2017/11/27

皆さんは、今どのような浴室をお使いですか?

タイル張り?それとも最近作られたお家ですとユニットバスでしょうか。

 

ユニットバスと聞くと、トイレも一緒?と思いがちですが、ユニットバスとは“周りの壁・天井・床が一体になっているお風呂”です。

2点ユニットバスだとユニットバスに洗面台がついているもの。

3点ユニットバスだとユニットバスに洗面台+トイレがついているものを言います。

 

 

その話はさて置き、30年40年前に建てられた建物ですと、お風呂の床はタイル張りのお家が多いのではないでしょうか?

弊社の浴室のリフォーム工事のお客様は、木造家屋でタイル張りの浴室からユニットバスにリフォームする場合がほとんどです。

 

浴室のみの工事となりますが、弊社ではその場合、洗面脱衣場のリフォーム工事も合わせてお勧めしております。

何故かといいますと、ほとんどこのケースの場合、洗面脱衣所の境の床下が傷んでいる事が多いからです。

見えない場所ですので、表面上は何もないように見えますが、壊してみると傷んでいることが多々あります。

一昔前までは、どうしても材料的に防水性が低い物を使わざるを得なかったので、隙間や結露によって水分が床下に侵入し、木部の腐蝕を発生させています。

酷いときは、シロアリに侵食されて何もない事もあります。

 

また、合わせてお水とお湯の配管のし直しも出来ますので、将来的に水漏れの心配が無いので安心出来ます。

お水とお湯は、30年ぐらいが遣り替えの時期だと言われています。

30年前の建物ですと、断熱工事もほとんどされていないと思いますので、この際に断熱工事も一緒に出来ます。

これから一番寒い時期を迎えますので、お風呂でのヒートショックを起こさないための対策にもなります。

欲を言えば、内窓も取り付けると、さらに効果があります♪

 

やはり予算の事などがありますので、最初は皆様躊躇されますが、実際出来上がりますと効果を実感できます。

一度リフォームをされると、しばらく工事をする事は無いと思いますので、納得できる

プランでのリフォーム工事をお勧めします(*^_^*)

 

一つの案としてご検討ください☆

 

カテゴリー: 浴室  タグ:, , , , , , , ,
アーカイブ
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
お問い合わせの方全員に!グッドホームがよくわかる小冊子プレゼント!! グッドホーム自慢の間取り集129プラン 家はもう一つの貯金箱である 住みたいイメージがよくわかる施工事例集
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話からもお気軽にお問い合わせください!0120-406-014  年中無休(盆・正月を除く)9:00〜18:00