スタッフブログ

用途地域にこだわりはありますか?

2018/05/10

今日は、『用途地域』についてお話しします。

用途地域は12種類に分類されています。

市街化区域の土地が適正に利用されるよう、建物の用途、容積率、構造などに対し、一定の制限を設けています。

その理由は、種類の異なる土地利用が混じっていると、お互いの生活環境や業務の利便性が悪くなるからです。

 

では早速、12の用途地域を紹介します。

 

1.第一種低層住居専用地域

低層住宅のための地域。

小規模な店舗や事務所を兼ねた住宅や、小中学校などが建てられます。

(低層住宅とは、1~2階建ての住宅。地域によっては3階建ても含める)

 

2.第二種低層住居専用地域

低層住宅のための地域。

小中学校のほか、150平方メートルまでの小規模な店舗などが建てられます。

 

3.第一種中高層住居専用地域

中高層住宅のための地域。病院、大学、

500平方メートルまでの一定の店舗などが建てられます。

 

4.第二種中高層住居専用地域

中高層住宅のための地域。

病院、大学などのほか、1,500平方メートルまでの一定の店舗や事務所など、必要な利便施設が建てられます。

 

5.第一種住居地域

大規模な店舗、事務所の立地を制限し、住居の環境を守るための地域。

3,000平方メートルまでの店舗、事務所、ホテルなどは建てられます。

 

6.第二種住居地域

住居の環境を守るための地域。

店舗、事務所、ホテル、カラオケボックスなどは建てられます。

 

7.準住居地域

道路の沿道において、自動車関連施設などの立地と、これと調和した住居の環境を保護するための地域。

 

8.近隣商業地域

近隣住宅地の住民のための店舗、事務所などの利便の増進を図る地域。

住宅や店舗のほか、小規模の工場も建てられます。

 

9.商業地域

銀行、映画館、飲食店、百貨店などが集まる地域。

住宅や小規模の工場も建てられます。

 

10.準工業地域

軽工業の工場やサービス施設等が立地する地域。

危険性、環境悪化が大きい工場のほかは、ほとんど建てられます。

 

11.工業地域

工業業務の利便増進を図る地域。

どんな工場でも建てられるほか、住宅、店舗も建てられます。

ただし、学校、病院、ホテルは建てられません。

 

12.工業専用地域

工場のための地域。

住宅、店舗、学校、病院、ホテルなどは建てられません。

 

 

皆さん、もし「将来、家の近くに中高層の建物ができたら嫌だ」

などのこだわりがあるのなら、土地選びの際にしっかりチェックしたいですね。

 

土地探しのご相談は、是非グッドホームまで(^_^)/

 

カテゴリー: 豆知識  タグ:, , , , , , ,
アーカイブ
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
お問い合わせの方全員に!グッドホームがよくわかる小冊子プレゼント!! グッドホーム自慢の間取り集129プラン 家はもう一つの貯金箱である 住みたいイメージがよくわかる施工事例集
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話からもお気軽にお問い合わせください!0120-406-014  年中無休(盆・正月を除く)9:00〜18:00