スタッフブログ

冬のリフォーム作戦~ヒートショック対策~

2018/10/29

先日は窓についてのリフォームをご紹介しました。

 

今回はヒートショック対策についてご紹介します(*^_^*)

 

ヒートショックは起こりやすい場所として、浴室、脱衣室はご存知かと思いますが、意外な所でも起こってしまう可能性があります。

それは、トイレです。

トイレでのヒートショックは浴室より危険と言われています。

夜中や明け方にふと目覚めてトイレに立った時なんて、身震いするほどの冷えを感じますよね。

それが非常に危険な状態となります。

 

トイレはそもそも排泄する場所。

人によっては、排泄時にいきむことで血圧が急上昇する恐れがありますし、特に高血圧や動脈硬化などの疾患を持っている人は、気温差による血圧の急変のリスクも合わさり、心筋梗塞や脳出血などを起こすリスクが高くなる可能性があります。

 

ではどのような対策をすればいいのでしょう??

 

・便座を温かくする

暖房便座の温度の目安ですが、あまり高温にしすぎると、長く座った時に低温やけどをしてしまう可能性がありますので、触って冷たくない程度が適温です。

ご自宅が暖房便座ではない場合は、便座カバーをつけて便座が肌に直接触れるのを防ぎます。

 

・トイレの室温を上げる

最近ではトイレ用の暖房器具が発売されています。

人感センサー搭載型など種類はたくさんあります。

ご家庭に合ったものを設置することが大切です。

 

・トイレの窓にも要注意

先日、窓のリフォームでもご紹介しましたが、窓から入ってくる冷気でトイレの中も寒くなってしまいます。

内窓(2重窓)を設置し、冷気を入らなくすることが重要ですね!!

 

今回はトイレでのヒートショック対策についてご紹介しました。

 

お家のお困りごとは是非、グッドホームまでご相談ください(^_^)/

 

 

カテゴリー: 家づくり  タグ:, , , , , , ,

冬に向けてリフォーム作戦

2018/10/26

急に寒くなり、あっという間に冬がきます。

現時点の2018年冬の気温予報を見てみると、北日本は平年並み。

東日本から西日本は平年並みか平年より高い予報となっています。

といっても、寒いものは寒い!

寒さ対策をするなら、寒くなる前の今が絶好のチャンス!!

 

お部屋が寒い・・・

そんな時にお勧めなのが、窓のリフォーム。

簡単にできる方法は内窓(二重窓)をつけることです。

内窓(二重窓)をつけると結露防止、防音効果、断熱対策、防犯性が高い等の効果があります。

断熱対策にもなるので、光熱費が削減され、家計にも優しいお家づくりとなります☆

 

他にも、冬に向けての寒さ対策リフォームがあります。

 

お家で気になる事があれば、是非グッドホームまでご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

カテゴリー: 家づくり  タグ:, , , , , , , , ,

お家での熱中症対策~浴室~

2018/08/17

夏季休暇を楽しまれた方、まだ夏季休暇中の方。

暑い日々でしたが、お出かけの際の体調はいかがでしたでしょうか?

体調を崩してしまわれた方もいらっしゃるかもしれません・・・

 

まだまだ暑い日々が続きます。

熱中症がどんなものなのか、詳しくご存知でしょうか?

 

熱中症は、温度や湿度の高い環境で過ごしたことが原因で身体の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調整機能が正常に働かなくなり、全身に様々な障害を起こす症状です。

症状としては、

軽度のもので、めまいや立ちくらみ、筋肉痛、筋肉のけいれん・こむら返りなど

中度のもので、倦怠感や虚脱感、吐き気、頭痛など

重度のもので、意識を失う、呼びかけに反応しないなど

があります。

 

外出時はもちろん、お家の中でも熱中症に気をつけなければいけません。

 

意外な場所として、浴室があげられます。

 

西側の浴室は、壁を通して外の熱を取り込みます。

西側に窓があると、取り込む熱の量はさらに増えます。

 

その対策として、新築時に

 

・外壁や窓の断熱性を高める

・西側の窓は避ける、又は小さめにする

・ルーバーを併用する

などの方法があります。

 

そのほか、

・熱気や湿気が気になる時は、入浴前に扇風機などで空気を循環させる

・入浴前と入浴後に水分補給をする(1回に飲む量はコップ1杯程度)

などの対策も欠かせません。

 

そうなると【浴室の窓は不要??】と思ってしまいます・・・

高気密高断熱住宅の場合、通風のためとはいえ、窓を開けることを良しとしないことがあります。

また、

「防犯面の不安を減らしたい」

「防音性を高めたい」

などの理由で、新居の浴室に窓を設けない人もいます。

 

浴室のお掃除をする時も注意です!

浴室のお掃除で困るのが、ドアです。

 

換気口が下部にあるタイプの浴室ドアって、ウンザリするほどカビが生えやすいですよね。

水垢や汚れが付きやすい場所なのに、掃除しにくいあの形状。

最近は、そんな悩み解消のため、換気口が上部や縦についているもの、パッキンをなくしたもの、換気口を取り外せるものなど、工夫を凝らしたドアが登場しています。

汚れが付きにくく掃除しやすい浴室ドアで、浴室掃除を短縮させたいですね!

 

ご家族さまの生活スタイルや思いにあった浴室を選ぶことが1番ですね(*^_^*)

一年中、安全で快適に過ごせるよう、自由な発想で浴室づくりをしてみましょう。

 

新築、リフォームをお考えの方は是非、グッドホームまで(^_^)/

 

 

 

カテゴリー: 浴室  タグ:, , , , , , , , ,

浴室について

2018/06/27

浴室の種類には2通りあります。

在来浴室、ユニットバスがあります。

在来浴室は昔からある作り方で壁はタイル又は石貼り、床も同じ天井は耐水性のある材料を使用しています。

浴槽は木材、ステンレス、大理石などがあります。

工事期間は約2週間ぐらいかかります。

 

ユニットバスは各メーカーで種類がありますが、工場で生産して現場で組み立てる工法になります。

工事期間は約3日ぐらいで施工です。

 

現在はユニットバスがの占める割が多く在来浴室は少ないです。

在来浴室メリットは自由性があり、高級な素材が使えます。

デメリットは、防水をしっかりしないと漏水があります。

そして何より掃除が大変なんです・・・

 

ユニットバスのメリットは、各ショールームに展示してあり体感ができること。

防水性が高くて掃除が楽なことです♪

デメリットはサイズが決まっていて自由性はない、商品によりますが高級感がないのもあります。

ですが、色々なタイプの商品がありますので、選択肢はたくさんあります!

 

浴室のリフォームをご検討中の方は、是非グッドホームまでご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

カテゴリー: 浴室  タグ:, , , , , , , ,

リフォームのご紹介

2018/06/07

現在当社でリフォームさせていただいている現場をご紹介させていただきます。

2階にトイレがなかったため、あまり利用していなかった水屋スペースをトイレにできないか?

とご依頼をいただきました。

なんと約90㎝角のスペースがトイレに変わるのです。

もともとは和式トイレを洋式トイレにリフォームするための商品ですが、狭小スペースに便座を設置することができる商品です。

(資料①参照)

 

この後、便器を設置していきます。

お客様の想いにできる限り寄り添わせていただきます。

 

お家のことでのご相談は、是非グッドホームまで(^_^)/

 

カテゴリー: 家づくり  タグ:, , , , , , ,

『またぎ』の高さ

2018/06/05

『またぎ』の高さについて気にしたことはありますか?

最近のお風呂は、お湯が冷めにくい浴槽や冷たくない床など、人に優しい性能が充実しています。

浴室乾燥機能で洗濯物を乾かしたり、暖房機能で冬の寒さを和らげてくれるのも嬉しいものです。

浴室リフォームの際、このような性能の比較は大切ですが、もう一つ比べてほしいことがあります。

それは『またぎ』の高さです。

今の浴室の使い勝手を、ちょっと思い出してください。

浴槽に入る時、浴槽から出る時、浴槽をまたぐ動作が負担になっていませんか?

もし負担になっているのなら、今の浴槽の高さを測ってみましょう。

そして、リフォーム候補に挙がっている浴槽の高さと比較してみましょう。

今より低めのものを選ぶと、使いやすいだけでなく、転倒のリスクも減らせますよ。

 

お家のことでのご相談は、是非グッドホームまで(^_^)/

 

カテゴリー: 家づくり  タグ:, , , , , , ,

クロスについて

2018/05/25

建築業界で“クロス”といえば、壁紙に使われているビニールクロスのことを言います。

 

現在使用されているクロスはビニールクロスが主流で、様々な材質で色々な絵柄がありますので、選ばれる時はたくさんのサンプルを見比べることをお勧めします。

 

今は壁にクロスを貼るのは当たり前となっていますが、クロスの使用は明治頃から富裕層の方のお宅に使われ始めました。

その頃は、布クロスを使用していました。

 

近年ではビニールクロスが発明され、どのお宅にも壁紙として使われています。

 

クロスによってお部屋の雰囲気が作られるといっても間違いないくらい、お部屋の印象が決まります。

お部屋の使用目的などに応じて、合ったクロスを選んでいく。

お家を建てる時の楽しみの1つですね(*^_^*)

 

各メーカーではショールームがあり、見学に行って見てみるとイメージがしやすく、とても参考になります♪

 

 

新築に限らず、現在住まわれているお家でも、家族構成の変化でお部屋の使い道が変わったり、お子様が成長してお部屋の雰囲気を変えたいなど、建て替えは難しくても、壁紙を変えてみるという方法もあります!!

 

お家のことのご相談は、是非グッドホームまで(^_^)/

 

カテゴリー: 豆知識  タグ:, , , , , , , ,

キッチンの配置について♪

2018/04/19

今回は、キッチンのレイアウトについてご紹介です。

みなさんは知っていますか?

キッチンの種類には、I型、対面、Ⅱ型、アイランド、L型と5つの種類あること。

それぞれのキッチンの特徴についてお話します。

 

■I型キッチン

シンクと加熱機器を一線に並べた基本的な形のキッチン。

下ごしらえから調理までの工程をほぼ平行移動のみで済ませることができます。

■対面キッチン

リビングのつながりや開放感を重視したキッチン。

キッチンからダイニングやリビングが良く見え、キッチンにいても孤立することはありません。

 

■Ⅱ型キッチン

コンロとシンクを分けて、2列に配置した壁付けキッチン。

作業動作は短く効率が良いです。収納スペースもたくさんとることができます。

■アイランド

壁から離れた場所にシンクや作業スペースは配置されているキッチン。

開放感もあり、ダイニングやリビングにいる人と対面できる魅力があります。

■L型キッチン

L型に組み、シンクと加熱機器の間の動線が短く、作業性の高いキッチン。

2人以上がキッチンにいても動きやすいです。

 

キッチンには、いろいろなかたちがあります。

自分たちの生活にはどのかたちが合っているのか考えてみてください。

そして、お家づくり、リフォームの参考にしてみてくださいね(^_^)/

 

お家の事のご相談は是非、グッドホームまで☆

カテゴリー: 設備  タグ:, , , , , , , , , , ,
アーカイブ
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
お問い合わせの方全員に!グッドホームがよくわかる小冊子プレゼント!! グッドホーム自慢の間取り集129プラン 家はもう一つの貯金箱である 住みたいイメージがよくわかる施工事例集
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話からもお気軽にお問い合わせください!0120-406-014  年中無休(盆・正月を除く)9:00〜18:00