スタッフブログ

春のムズムズ対策☆

2018/03/02

最近は気候の変化が多く、暖かい日が増えてきました。

そこで気になるところが『花粉』です。

3月にスギ、4月にヒノキの花粉がピークをむかえるそうです。

今年は例年に比べ、全国的に花粉の量が多いそうです。

 

そこで花粉の時期に心掛けておきたいことを「衣・食・住」に分けてご紹介します。

 

「衣}

・マスクをつける

・コンタクトでも専用メガネをつける

・ウールの服は避ける

 

「食」

・腸内環境を整える

・ハーブを利用する

・脂っこい食事を控える

 

「住」

・玄関や窓に空気清浄機を置く

・外干しは午前10時までにする

・拭き掃除をする

 

そもそも春のムズムズは、免疫細胞が反応しなくてもいいものに反応して起こる事。

食物繊維などを積極的に摂って免疫がつくられる腸を健康に整えることも大切です。

また食事の脂肪分はムズムズを起こすホルモンを作りやすくします。

高カロリーな食事を避け、バランスのいい食事を心がけると、ムズムズがやわらぐかもしれません。

 

お試しくださいヽ(^o^)

 

 

 

カテゴリー: 豆知識  タグ:, , , , , , , ,

ダニを知ろう!

2017/10/05

皆さん、ダニの発生時期についてご存知ですか?

ダニは5月から増え始め、夏をピークに減っていくと言われています。

 

秋になり、ダニからは解放されたー!!と思いがちですが・・・

 

『ダニ増殖は減るが死骸や糞のピークは9~10月頃になる』

『刺されることは少なくなるが死骸や糞からもアレルギー性の病気になる』

 

という事は知っていましたか??(´Д` )

 

それに加え、暖房と加湿器を使っていたり寒いからといって換気を全くしないと冬になってもダニは発生しているのです!!

 

色々なダニについてあげてみたいと思います。

 

●ヒョウダニ(チリダニ)

餌・・・ほこり、ひとのフケ、アカなど

生息場所・・・カーペット、ベッド、枕、布団、ソファーに生息

・ほぼ一年見られる。

・高温多湿を好む。

・刺すことはないがダニの死骸がアレルギー性疾患の原因になる

 

●コナダニ

餌・・・・食品 (小麦粉、佐藤、煮干し、味噌など広範囲の食品、ワラ

場所・・・食品、タタミなど

・高温多湿を好み、ひとを刺すことはないが、大発生するとコナダニを捕食するツメダニによる刺咬被害が出る

 

●ツメダニ

餌・・・ほかのダニ

生息場所・・・・カーペット、畳

・吸血しないが稀に体液を吸う

 

●イエダニ

餌・・・ネズミ、哺乳類の血液

生息場所・・・ネズミの体、巣

・ネズミや鳥に寄生する吸血性のダニ

 

●マダニ

・肉眼でも確認できる大型のダニ

・夏場散歩中や公園で遊ぶ際は皮膚の露出を控えたり、虫よけスプレーで予防

・かゆみを伴わないので気が付かないことが多い

・刺された場合無理にとるとダニの口が残ることがあるので、医療機関で処置したほうがよい

 

アレルギーの原因となるダニ、アレルギー疾患の80%以上がダニによるものです。

 

9~10月はダニの死骸や糞がピークを迎えます。

布団の掃除機掛けと天日干し(可能なら丸洗い)やタンス、家具の隙間など家の隅々までの掃除、カーテン、カーペット、クッション等の洗濯をして、ダニの死骸や糞の掃除をしてみるといいですね☆

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 掃除  タグ:, , , , , , , ,
アーカイブ
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
お問い合わせの方全員に!グッドホームがよくわかる小冊子プレゼント!! グッドホーム自慢の間取り集129プラン 家はもう一つの貯金箱である 住みたいイメージがよくわかる施工事例集
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話からもお気軽にお問い合わせください!0120-406-014  年中無休(盆・正月を除く)9:00〜18:00