スタッフブログ

冬のリフォーム作戦~ヒートショック対策~

2018/10/29

先日は窓についてのリフォームをご紹介しました。

 

今回はヒートショック対策についてご紹介します(*^_^*)

 

ヒートショックは起こりやすい場所として、浴室、脱衣室はご存知かと思いますが、意外な所でも起こってしまう可能性があります。

それは、トイレです。

トイレでのヒートショックは浴室より危険と言われています。

夜中や明け方にふと目覚めてトイレに立った時なんて、身震いするほどの冷えを感じますよね。

それが非常に危険な状態となります。

 

トイレはそもそも排泄する場所。

人によっては、排泄時にいきむことで血圧が急上昇する恐れがありますし、特に高血圧や動脈硬化などの疾患を持っている人は、気温差による血圧の急変のリスクも合わさり、心筋梗塞や脳出血などを起こすリスクが高くなる可能性があります。

 

ではどのような対策をすればいいのでしょう??

 

・便座を温かくする

暖房便座の温度の目安ですが、あまり高温にしすぎると、長く座った時に低温やけどをしてしまう可能性がありますので、触って冷たくない程度が適温です。

ご自宅が暖房便座ではない場合は、便座カバーをつけて便座が肌に直接触れるのを防ぎます。

 

・トイレの室温を上げる

最近ではトイレ用の暖房器具が発売されています。

人感センサー搭載型など種類はたくさんあります。

ご家庭に合ったものを設置することが大切です。

 

・トイレの窓にも要注意

先日、窓のリフォームでもご紹介しましたが、窓から入ってくる冷気でトイレの中も寒くなってしまいます。

内窓(2重窓)を設置し、冷気を入らなくすることが重要ですね!!

 

今回はトイレでのヒートショック対策についてご紹介しました。

 

お家のお困りごとは是非、グッドホームまでご相談ください(^_^)/

 

 

カテゴリー: 家づくり  タグ:, , , , , , ,

建方

2018/02/07

先日、東郷町春木白土で”建方”をしました。

 

”建方”というのは、大工さんが5~8人ぐらいで、家の1階から2階、若しくは3階、そして屋根まで、1日若しくは2日で柱、梁などの構造材を組み立てる作業の事を言います。

これが終わりますと、家の実際の大まかな形、大きさが分かります。

 

最近は、殆どクレーンを使って作業します。

大工さん達が、息を合わせて作業を進めていきます。

高所で作業しますので、危険と隣り合わせ。

息を合わせて、作業をしないととても危険です。

また、ゆっくり作業をすると、日が暮れて危ないので、スピードも求められます。

息を合わせて正確に、そして素早く・・・職人さんだからできる技なのです。

 

冬は、日が暮れるのが早いので、なおさら「職人技の見せどころ!!」

見ごたえある作業、今日も無事に終える事が出来ました。

ありがとうございました。

 

皆さんもどこかで見かけたら、是非足を止めて見てみてください!

カテゴリー: 家づくり  タグ:, , , , , , , , ,
アーカイブ
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
お問い合わせの方全員に!グッドホームがよくわかる小冊子プレゼント!! グッドホーム自慢の間取り集129プラン 家はもう一つの貯金箱である 住みたいイメージがよくわかる施工事例集
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話からもお気軽にお問い合わせください!0120-406-014  年中無休(盆・正月を除く)9:00〜18:00