スタッフブログ

土地選びのポイント

2018/08/03

今年の夏は、「命の危険がある」と注意喚起されるほど暑い日が続いていますね。

そんな中、大量の水を必要とする水田のため、用水路にはたくさんの水が流れています。

その水を確保するために欠かせない『ため池』の中には、老朽化のため災害のリスクが高まっているものがあります。

 

■防災重点ため池

全国のため池の約7割は、江戸時代以前に造られました。

その後、都市の近代化や農業者の減少により、ため池の下流に住宅や公共施設が増えてきました。

老朽化が進むほど決壊のリスクは高くなります。

そして、下流に住宅や施設が増えるほど、決壊による影響は大きくなります。

そこで自治体は、そんな懸念があるため池を『防災重点ため池』として監視すると共に、ハザードマップ等で地域住民に公表するよう努めています。

ところが、現在のところ35%程度しか公表されていません。

その理由は、ため池の調査やハザードマップの作製に多くの費用や時間がかかるためだとか。

ちなみに、農水省によると、その数は昨年3月時点で全国に約11,360箇所もあるそうです。

 

■ため池ハザードマップポータルサイト

ため池ハザードマップは、各自治体のホームページでチェックできます。

また、農水省のホームページでもリンク先を紹介しており、今年6月現在、248市町村のため池ハザードマップを閲覧できます。

※みよし市、豊田市、長久手市の記載があります

↓ ↓

(http://www.maff.go.jp/j/nousin/bousai/tameike/portal.html)

 

 

自治体により多少異なりますが、ハザードマップでは

・ため池決壊のメカニズム

・浸水想定区域

・浸水の深さ

・歩行困難度図

・ため池の名称や所在地、作成時期

・避難場所や避難の方法

 

などを調べることができます。

 

 

■地震も水害も

地震に対する防災意識と比べると、水害に対する防災意識は不十分だといわれています。

防災の第一歩は、その土地の特性を知ることから始まります。

土地選びの際は、ぜひチェックしてみてください。

 

お家の事でのご相談は是非、グッドホームまで(^_^)/

 

 

 

 

 

カテゴリー: 家づくり  タグ:, , , , , , , , ,

日傘の上手な選び方

2018/07/27

日差しが強い夏は、日傘をさして少しでも紫外線を防ぎたいですよね。

そこで上手な日傘の選び方をご紹介します。

 

日傘には色々な色があります。

色別に紫外線透過率の高い順(より多くの光を通す順)に並べると

白が一番高く、続いてピンク、青、黒の順になります。

 

色だけで考えると白よりも黒の方が紫外線を通さないので日焼け防止には役立つかもしれませんが、「UVカット加工」がされていれば、紫外線を防ぐという点では、色による差はあまりないようです。

 

ただ涼しさに関しては色が影響するようです。

 

黒は熱を吸収しやすく、白やシルバーは反射してくれます。

日よけとして涼しさを求めるのであれば、傘の外側は黒よりも白やシルバーを選んだ方がいいですね。

 

もう一つ気を付けたいのが、地面などからの「照り返し」です。

日傘の内側が白やシルバーだと地面からの紫外線を反射して自分の方へ集まってくるので、できるだけ黒っぽい色の方が良いと言われています。

 

日傘の効果をより高めたいなら、外側が「白やシルバー」、内側は「黒」が理想と言えます。

 

そして日傘の「UVカット効果」ですが、2~3年と言われています。

UVカットスプレーでお手入れすればもう少し効果も長持ちしそうですね。

 

週末は台風の影響で天気が崩れる予報となっています。

ですが、曇っている間は晴れの時より紫外線が多いと言われています。

台風が過ぎてしまえばまた暑い日が続きます。

強い日差しからお肌を守ってあげましょう(^_^)/

カテゴリー: 豆知識  タグ:, , , , , , , , ,

キッチンの配置について♪

2018/04/19

今回は、キッチンのレイアウトについてご紹介です。

みなさんは知っていますか?

キッチンの種類には、I型、対面、Ⅱ型、アイランド、L型と5つの種類あること。

それぞれのキッチンの特徴についてお話します。

 

■I型キッチン

シンクと加熱機器を一線に並べた基本的な形のキッチン。

下ごしらえから調理までの工程をほぼ平行移動のみで済ませることができます。

■対面キッチン

リビングのつながりや開放感を重視したキッチン。

キッチンからダイニングやリビングが良く見え、キッチンにいても孤立することはありません。

 

■Ⅱ型キッチン

コンロとシンクを分けて、2列に配置した壁付けキッチン。

作業動作は短く効率が良いです。収納スペースもたくさんとることができます。

■アイランド

壁から離れた場所にシンクや作業スペースは配置されているキッチン。

開放感もあり、ダイニングやリビングにいる人と対面できる魅力があります。

■L型キッチン

L型に組み、シンクと加熱機器の間の動線が短く、作業性の高いキッチン。

2人以上がキッチンにいても動きやすいです。

 

キッチンには、いろいろなかたちがあります。

自分たちの生活にはどのかたちが合っているのか考えてみてください。

そして、お家づくり、リフォームの参考にしてみてくださいね(^_^)/

 

お家の事のご相談は是非、グッドホームまで☆

カテゴリー: 設備  タグ:, , , , , , , , , , ,

ライフプラン~生命保険①~

2018/01/19

こんにちは、グッドホームの大澤でございます。

今までは不動産にまつわる税金についてお話をさせて頂きましたが、今回からは、

『ライフプラン』について、Q&A形式でのシリーズでお伝えして参ります。

第3回目となります今回は、「生命保険」についてです。

 

Q:生命保険って必要なのでしょうか?家計費の見直しをしたいのですが・・・。

 

A:『家計費の見直し』というと、毎月の支出の中で、何が節約できるか?を考えますよね。

そこで、加入してはいるけれど、日常使う場面の少ない生命保険を、まず節約の第1に考える方が多くいらっしゃいます。

こちらは生命保険に加入したきっかけと、生命保険に関する知識調査の結果データです。

 

家族や友人、または周りの営業マンに勧められて加入した、という結果が圧倒的に多く、また、生命保険に関する知識がある、という方は30%弱という統計結果です。

そう考えると、実に加入している方の7割近くの方が、自分が今加入している保険がどういうものなのか、本当に必要なものなのか、また、自分たちのライフステージに本当にあったものなのか、分からずに加入しているという現状が読み取れます。

そのため、『節約』と考えると、真っ先に毎月の固定出費である「必要であるかどうか分からない」生命保険に目が向くのも納得ですね。

では、そもそも生命保険とは、何を考えるべきなのでしょうか?

この3つのポイントを考えた後に、考えるべき事がまだあります。

総合的に考えたうえで、本当に必要な保障なのか・必要な額なのかを考えましょう。

『保障が重複』や『 保障額過多』などがみられる場合は、保険を見直すポイントになりますね。

また、既存の保険を解約したり新規に加入をする場合には、今まで積み立てていたものが解約で損をしてしまったり、内容によっては加入時に保険料が上がったりする場合がありますので、解約する事が必ずしも『家計費の見直し』ではない時もあります。注意して下さいね。

 

わからないことは、是非、グッドホームへ相談してみて下さいね。

 

 

カテゴリー: 家づくり  タグ:, , , , , , ,

ライフプラン~教育資金の考え方~

2017/12/15

こんにちは、グッドホームの大澤でございます。

今までは不動産にまつわる税金についてお話をさせて頂きましたが、今回からは、

『ライフプラン』について、Q&A形式でのシリーズでお伝えして参ります。

第1回目となります今回は、「教育資金の考え方」についてです。

 

Q:子どもの教育資金って、一体いくら必要なの?

 

A:一般的に良く使われる準備資金としては、「教育資金は1000万円を目安に準備しましょう!」です。

では、この1000万円ってどんな根拠なのでしょうか?

実は、この1000万円は、幼稚園(私立3年制)・小学校、中学校、高校(すべて公立)大学(私立文系)に行った場合の、それぞれの学費の平均的な金額の合計です。

お子様1人分の金額になりますので、同じ内容の教育計画で、お子様が2人いる場合には、2000万円が必要、という事になります。

しかし、こちらはあくまで平均値になりますので、学校によっては金額が前後する場合があります。

また、受験に必要な塾費などは含まれておりません。

 

 ここがポイント!

大学一つをとってみても、進む専門課程によって金額は様々です。

また、「小学校から私立」や「高校から私立」に計画をする、男の子と女の子と進む計画をそれぞれ変えたりする場合など、費用は全く変わってきます。

まずは、どんな教育計画にしたいのか、ここをしっかり考えていくことが大切です。

 

 

Q:教育資金はどう準備したらいいの?

 

A:まず、教育資金を準備するためには、考えるべき順番があります。

1. 教育計画をたてる

2. 「貯める時期」と「使う時期」を考える

3. 貯め方を考える

 

この考えなしに、漠然と「一般的」な考えで計画してはいけません。

十人十色、それぞれの家族の将来は違います。

「自分たちはどうしたいのか」まずはご家族皆さんで話してみましょう。

 

そして考えがまとまったら、次は貯め方です。

貯蓄をしていくには、色々な方法があります。

定期預金・学資保険など、元本割れがなく、リスクの少ない商品でまずは「ベース」を作りましょう。

どれくらいだったら強制的な貯蓄に回すことができるのか、家計との相談も重要ですね。

 

 

 ここがポイント!

お子様が小さい時(小学校5年生位まで)は家計の収支のデータをみていくと、「貯蓄がしやすい時期」となっています。

この時期に計画を持って、しっかりと貯蓄をしていくことが大切です。

そのために、貯蓄は「いつまでに」「いくら貯めるのか」を明確にしていくこと、がポイントになります。

貯蓄をするには、時間が勝負です。

お金が無いから学校に行けない!なんてことにならないように、早めに計画を立て ていきましょう。

平成25年4月1日から平成31年3月31日までの間であれば、直系尊属からの教育資金の贈与金非課税枠1,500万円の特例もあります。

親御さまからの援助が見込める場合は、この制度も是非利用して下さいね。

まとめ

① 教育資金を考えるには、プランをしっかり立ててから。

② 貯蓄は目標設定をしっかりと行う。

③ 貯蓄のベースはリスクのないものを考える。

④ 援助が受けられるようであれば、教育資金の贈与金非課税枠を視野にいれる。

 

教育資金を考える時期と住宅購入時期が重なるご家庭は多くいらっしゃいます。

実際、私の所にも「将来のお金が不安です」とご相談にいらっしゃる方もおられますが、皆さんお話をすると、笑顔で住宅購入と教育資金、重なっても大丈夫なのだと安心して100%ご理解いただきます。

どんなご家庭でも解決法、よりよい最善策は必ずあります。

将来の家計の計画をきちんと考え、常に最新の情報を確認し、総合的に判断することが大切です。

 

わからないことは、是非、グッドホームへ相談してみて下さいね。

 

 

カテゴリー: 家づくり  タグ:, , , , , , ,
アーカイブ
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
お問い合わせの方全員に!グッドホームがよくわかる小冊子プレゼント!! グッドホーム自慢の間取り集129プラン 家はもう一つの貯金箱である 住みたいイメージがよくわかる施工事例集
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話からもお気軽にお問い合わせください!0120-406-014  年中無休(盆・正月を除く)9:00〜18:00