スタッフブログ

転職したら住宅ローンをくむのに不利になる?

2019/01/23

昨今、転職は珍しいものではなくなりました。

そのため、最近は住宅ローンの審査においても転職間もない方でもお申込できるようになっています。

前職を辞めてから期間が空いてしまうと源泉徴収票など収入を証明する資料としては想定している年収より少なくなってしまうため、審査を受けるのが不安に思われる方もいらっしゃることでしょう。

しかし、審査上の考え方としては、現在のお仕事で1年間フルに働いたらいくら位になるかを想定して審査しますので、過去の収入や資料はあまり気にしなくても大丈夫です。

例えば、【フラット35】の場合、転職後の直近12ヶ月分の支給合計金額で審査します。

昨年4月に転職された方なら、既に直近6月まで給与が支給されているので、昨年の7月から今年の6月まで12ヶ月分の明細と、その間に支給された賞与分の合計が審査の対象となります。

 

一方、転職後12か月未満の方は、転職後の支給額を支給月数で割戻し、12ヶ月働いた場合を想定し、計算します。

今年4月に転職された方であれば、4~6月の3ヶ月分の支給額の合計を3(ヶ月)で割り、12(ヶ月)を乗じた金額に賞与分を加えた金額を審査収入と見なして審査します。

フラットの場合は、公的証明書を持って収入の確認をするのが原則ですが、今年、転職をした方については、年末に勤務先より源泉徴収票が発行され、公的な収入証明を取得できるのは、来年の6月以降になります。

給与明細はあくまで勤務先が作成するものですから、公的証明書が取れない転職者の場合、書類の信憑性や勤務実態が問われることになります。

具体的には、給与明細の金額が振り込まれているのか預金通帳で確認したり、HPや現地調査などで会社が存在するか確認されることになります。

 

逆に言うと、会社のHPが存在しない、給与は手渡し、給与明細は手書きのもので社会保険料などの控除がない場合は、金融機関も慎重に審査せざるを得ませんので注意しましょう。

勤務先で年末調整などしていない、社会保険に加入していない会社であれば、敢えてご自身で確定申告をすることをお勧めします。

確定申告を行うことで、ご自分で収入や支払った保険料や税金を明確にすることができ、公的な証明書を取得することができます。

 

なお、国保の方は、所得税・住民税と同様に、国民健康保険税も未納や滞納は大きなペナルティとなります。

国民健康保険税は未納があると、保険証の有効期間が通常より短くなってしまいますので審査時に不利に働くことがあります。

また、融資ができ念願のマイホームに引越ししたとしても、税金の滞納は差押えの対象になりますので十分注意しましょう。

お家の事でのご相談は、是非グッドホームまで(^_^)/

カテゴリー: 家づくり  タグ:, , , , , , ,

家づくりで迷ったり後悔するのはなぜ?

2019/01/14

業者を選ぶ時、まずはどんな業者がいるのかを調べます。

 

そして、気になる複数の業者と接触し、最終的に一社に絞ります。

 

 

この時、依頼先をなかなか決められない人がいます。

 

 

「A社は価格が魅力的。

 

B社は耐震性や断熱性が優れているから安心して暮らせそう。

 

でも、アフターフォローが丁寧なC社も捨てがたい…」

 

といった具合に。

 

 

確かに、どの業者にも長所と短所があるので、『最も優秀な業者』を選ぶのは難しいですよね。

 

「全部の業者のいいとこ取りをしたい」

 

という気持ち、よくわかります。

 

 

しかし、最も優秀な業者を選んでも、あなたが望む家づくりはできません。

 

なぜなら、皆さんが家づくりする理由は、あなたと家族が幸せになるためだからです。

 

 

 

そのためには、『最も優秀な業者』ではなく、『あなたの家づくりに最も共感し、それを実現してくれる業者』を選ぶ必要があります。

 

そして、そんな業者を選ぶには、あなたが求めるものを明確にしておく必要があります。

 

 

 

例えば内壁。

 

壁紙にする? 塗り壁にする?

 

壁紙にするとしたら、

 

素材はビニールクロス? 紙クロス? 織物クロス?

 

では、そのデザインは?

 

壁紙は部屋ごとに変える? それとも統一する?

 

 

…結構大変ですよね。

 

 

このとき、

 

・多少高くても、健康を最優先にした壁紙にしたい

 

・子供が汚してもストレスが溜まらないよう、汚れや傷が目立たないものがいい

 

・ほかの部分に予算を回したいから、価格を重視したい

 

など明確な基準があれば考えが迷走することはありません。

 

住み始めてから後悔する可能性も低いでしょう。

 

 

あなたの心の中には、

 

「こんな家づくりをしたい」

 

という明確な基準ができていますか?

 

できているなら、後はそれを叶えてくれる業者を探せば良いだけです。

 

もしできていない状態で話を進めると、何も決められなかったり、後悔する可能性が高くなります。

 

 

そういえば、外食をする時、どこに行くか長時間迷う人がいますよね。

 

やっとお店についても、メニューを見て延々と迷ったり。

 

その理由は、その人の中に明確な基準がないからです。

 

 

皆さん、そんな傾向はありませんか?

 

もしあるのなら、外食をする前に、

 

明確な基準を設けるよう習慣づけてみましょう。

 

その習慣は、家づくりにも役立ちますよ。

 

お家づくりでのご相談は是非、グッドホームまで(^_^)/

 

カテゴリー: 家づくり  タグ:, , , , , ,

耐震・免震・制震

2018/10/19

耐震性が優れた住宅は地震によるダメージを受けにくい半面、揺れの影響が室内に伝わりやすいので、家具の配置や固定など、安全面の配慮が欠かせないです。

もしかしたら、それがあなたの『家づくりに対するこだわり』を邪魔してしまうかもしれません。

それなら、『免震』という方法があります。

免震とは、地盤と建物を免震装置によって切り離し、地震の揺れを建物に直接伝えない方法です。

在来構造と比べると、地震による建物にかかる水平力を、5分の1から3分の1にまで低減することができます。

一方、免震住宅には、

・台風などの強風の際、2階以上の上階が揺れることがある

・設置費用が高額である(数百万円)

・地下室を設置できない

・ビルトインガレージを設置できない

・軟弱地盤や液状化のおそれがある地盤には設置できない

・木造3階建て、建物高さ13m以下、軒下9m以下に限られる

といった弱点もあります。

みなさん、免震より費用を抑えて室内の安全性をある程度高める方法があります。

それは『制震』です。

家具の揺れはありますが、転倒防止金具を利用することで、耐震住宅より被害を減らすことができます。

いずれにしても、まずは安全な土地を厳選することが大前提です。

そして、予算の中で創意工夫してこだわりや安全性を追求しましょう。

お家づくりをお考えの方は、是非グッドホームまで(^_^)/

 

 

 

カテゴリー: 家づくり  タグ:, , , , , , ,

建築条件付き土地とは・・・

2018/05/17

みなさんは、『建築条件付き土地』とはどんな土地かご存知ですか。

新築を考えている方で、土地を探されている方は、ハウスメーカーや不動産屋さんから聞いたことがある言葉かもしれません。

 

建築条件付きの土地とは・・・

文字通り建築の条件が付いた売地のことを言います。

通常、指定された建築会社で家を建てなくてはいけないということが条件になっており、また、建築請負契約までの期限なども宅建業法で取り決めされています。

 

建築会社が決まっているため、プランの自由度が低くなるような印象を持つかもしれませんが、プランまでは決まっていない場合があるので、プランから自由に決められ、自由度も意外と高いと言えると思います。

 

建築条件付き土地のメリットとデメリットをご紹介です。

 

【メリット】

建築条件付き土地を持っている住宅会社は、参考プランを用意しているはずですので、全体像が把握しやすく、資金計画も立てやすいです。

土地の購入から工事着工までスピーディーに進めることができます。

 

【デメリット】

指定の建築会社が自分の好みと合わないと論外になってしまいます。

また、好み、希望の工法や仕様、設備で家が建てられるとは限りません。

 

 

グッドホームでは

“土地探し、家づくり、お悩み一挙解決!!アパート並みで夢のマイホーム相談会”を開催しております。

多数の物件情報をご用意しております(^-^)

 

自分たちの家づくりにはどのような土地が合っているのか考えることがとても大切です。

弊社は住宅会社ですが、土地のこと含めお客様のご相談をお受けしております。

お気軽にお問合せください(^_^)/

 

カテゴリー: 家づくり  タグ:, , , , , , , , , ,

週末からのイベント情報のご案内☆

2018/04/13

今週末より4月末日まで、

『土地探し、家づくり、お悩み一挙解決~アパートの家賃並みで夢のマイホーム相談会』

を開催いたします☆

 

「マイホームなんて、夢のまた夢・・・」

なんて思っていませんか??

 

現在のアパートの家賃並みで、夢のマイホームが手に入ります!!

多数の土地情報、物件情報がございますので、お気軽にご相談ください(^O^)/

 

 

 

 

カテゴリー: イベント  タグ:, , , , , , , , ,

吹き抜け☆

2018/02/22

新築を考えていらっしゃる方で、吹き抜けのある家にしたい!!と思っている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか??

 

まずは、吹き抜けについて少しご説明です!

吹き抜けとは・・

建物の2階または数階にわたって天井がなく上下がつながっている空間のことです。

この吹き抜けには、いくつかのメリット・デメリットがあります。

 

【メリット】

◆開放感のある家、部屋になる

◆光を多く取り入れることができ、部屋を明るく見せることができる

◆空間全体につながりを持たせることができる

◆おしゃれな空間をつくることができる

 

【デメリット】

◆2階のスペースが削られる

◆掃除が大変

◆メンテナンスが大変で維持費がかかる

 

理想のマイホームを考える中で、どのように取り入れていくのかの参考にしてください☆

素敵なお家づくりを一緒にしていきましょう♪

 

 

カテゴリー: 家づくり  タグ:, , , , , , , , , , ,

最幸の家づくりとは?!

2017/11/01

こんにちは、グッドホーム 代表取締役の西俣友雄です。

 

今回は皆さまにご紹介したい本があります。

それは『あたらしい家づくりの教科書』という本です。

私の“家づくり”の考えに共感する内容が沢山盛り込まれていますので、ご紹介したいと思います。

 

はじめに、東京大学大学院、工学系研究科建築学専攻准教授であり工学博士の前 真之さんの内容です。

 

『建てる前のこだわり、建てた後のがっかり』についてです。

 

    (『あたらしい家づくりの教科書』引用)

 

こちらの表は2009~2014年度の間に新しく家を購入した人を対象にアンケートをし、家を買った人は、家のどんなところに満足と不満を感じているかの結果です。

 

Ⓐ家族ではじめに大事に思ったことのベスト3にご注目ください。

第1位は耐震性能・構造

第2位は間取り

第3位は室内温熱環境     となっています。

 

ですが、Ⓓの住んだ後の満足度の結果を見てみると、

第1位の耐震性能・構造は2位の結果で大満足している。

第2位の間取りは1位の結果でこちらも大満足しています。

では第3位の室内温熱環境については11位というとても残念な結果となっています。

 

この失敗はなぜ起こってしまったのか・・・

 

第1に考えられることは、『目に見えないから、後回し』にしていること。

第2に考えられることは、『快適で省エネな家は注文しても手に入らない』ということ。

第3に考えられることは、『今の家がそんなに不満じゃない人、要注意』ということです。

 

この点について失敗しないように一緒に考えていきましょう。

 

 

『ニセモノ「エコハウス」にご用心』という内容についてもご紹介します。

 

『最近、経産省が推進するゼロ・エネルギー住宅(ZEH:ゼッチと呼ばれています。ここでは「経産省ZEH」と表現)が話題です。エネルギーや給湯機が消費するエネルギーの量をできるだけ減らし、それでも必要なエネルギーを太陽発電でまかなう、という住宅です。』

『しかし、この経産省ZEHが求める住宅の基礎性能は必ずしも高くありません。エネルギー消費量を減らすには、建物の断熱・気密性能を高めるよりも、エアコンや給湯器をエネルギー効率の高い種類にする方が簡単で、こちらでもいいことにしているからです。』

(「あたらしい家づくりの教科書」引用)

 

多くのハウスメーカーがZEH基準の家は高性能でいい家だと口を揃えてPRしているので、皆さまは設備をよくすればいいと思っているかもしれません。

私は、“設備が高性能な家”ではなく、“家自体が高性能な家”が満足のいく家であると思っています。

 

 

これから家を手に入れようと考えている方に、見た目の設備に惑わされる事なく、最幸の家を提供していけるように、これからもお伝えしたいと思います。

 

今マイホームをご検討されている方、マイホーム購入の先輩のように失敗しないように、家づくりの業者選びの参考にしてください。

 

 

カテゴリー: 家づくり  タグ:, , , , , , , , ,

家を建てるためのプロセス⑤

2017/10/02

前回”家を建てるためのプロセス④”では、家の基礎づくりをご紹介しました。

今回は次のステップ”建て方”です。

 

それでは、建て方の建築工事の流れについて説明します。

木造軸組工法(在来工法)の2階建てについてのお話です。

建て方とは、土台、柱、梁(はり)と施工していき、棟上げするまでの工程を指します。

 

はじめに、1階部分の土台の上に柱を立てていきます。

1階の土台から2階の天井部にある軒桁(のぎげた)まで通す柱が通し柱で、1階の土台から2階の床部にある梁までの柱が管柱(くだばしら)です。

この胴差(どうさし)から軒桁までの柱も管柱です。

 

そして、梁、桁といった横架材(おうかざい)で柱と柱を水平方向につないでいきます。このとき、柱と梁は羽子板(はごいた)ボルトでしっかりと留めます。

次に、2階の構造用合板(剛床)を張っておいてから、2階部分の梁、桁までの柱(管柱)を設置していきます。

2階の柱を立てれば、桁や梁といった横架材で柱を水平方向につないでいきます。

 

2階の天井部の梁、桁(小屋梁)から上に、小屋束(こやづか)・母屋(おもや)、垂木(たるき)、火打ち梁、棟木(むなぎ)、野地板(のじいた)と順に設置していきます。

これらを小屋組と言います。

棟木まであげれば、いわゆる上棟【棟上げ】です。

 

ここまできたら『上棟式』が行われます。

上棟式については過去にご紹介したので、こちら(上棟式)をご覧ください☆

上棟式で行われる“おもちなげ”ですが、最近では行わないことが多いようです・・・

グッドホームでは全てのお客様に“おもちなげ”を行っております。

建築業界では伝統の行事ですので、大切に大切に守っていきたいと思っております(*´︶`*)

カテゴリー: 家づくり  タグ:, , , , , ,
アーカイブ
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
お問い合わせの方全員に!グッドホームがよくわかる小冊子プレゼント!! グッドホーム自慢の間取り集129プラン 家はもう一つの貯金箱である 住みたいイメージがよくわかる施工事例集
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話からもお気軽にお問い合わせください!0120-406-014  年中無休(盆・正月を除く)9:00〜18:00