スタッフブログ

冬アイテムの長もちケア&しまい方

2018/05/15

冬の間に活躍した家電。

これからしばらくは使うこともなさそうな気候になります。

暖かくなってきて(暑いくらい)の日が続きます。

この機会に、冬家電をお掃除しておきましょう!!

上手にケアしてしまえば、傷みを最小限に抑える事ができて、次のシーズンも気持ちよく使えますね。

 

 

・加湿器

フィルターやタンクなど、外せる部分はすべて外します。

かたく絞ったマイクロファイバークロスで、本体全体を水ぶきします。

フィルターを外した本体の内側や、送風口、蒸気口、プラグとコード、キャスター回りなども忘れずに。

 

外したフィルターのホコリは、掃除機で念入りに吸い取ります。

とくに空気清浄機能つき加湿器はフィルターが多いので、外せるものはすべて外して掃除機で吸いましょう。

 

タンクは1/3ぐらいまで水を入れ、泡タイプの塩素系漂白剤を入れます。

タンクのフタをして全体を上下左右に振って振り洗いし、その後、水でしっかり洗い流してよく乾かします。

 

外したフィルターやタンクを元に戻し、コードをまとめてホルダーにかけます。

100均の家電用不織布カバーか大きめのポリ袋などをかけてホコリよけにしてしまいます。

 

・エアコン

エアコンは夏になるとフル可動です。

冬の間についてしまったホコリを洗い流し、気持ちよく使える準備をしておきましょう。

 

フィルターを外して水洗い。

ホコリのついた面の反対側からシャワーで水をかけ手間なくホコリを落とします。

全体の汚れをさっと落としたら、よく乾かします。

 

エアコンの本体はマイクロファイバークロスで水ぶきをしましょう。

送風口のところは割り箸にクロスをあててふくと、隙間の部分までふきやすくなります。

 

フィルターが乾いたら、送風モードで1時間ぐらい稼働させ、内部を乾かします。

しっかり乾燥させて、カビの発生を防ぎましょう。

 

ぜひお試しください(^_^)/

 

 


カテゴリー: 豆知識  タグ:, , , , , , , , ,

畳の汚れの落とし方☆

2018/03/09

 

ご自宅に和室はありますか?

畳はリラックス効果があると言われています。

ゴロンと横になり、疲れた身体を休めるのに最適なお部屋です。

しかし、畳はシミがつきやすく、ダニが繁殖しやすいとも言われています・・・

リラックスする空間を清潔に保つために、畳の汚れの落とし方を3つご紹介いたします。

 

①酢水

バケツにお酢を約5倍に薄めたお水を作ります。

雑巾を入れてしっかり絞り、畳の目に沿って優しく拭き取ります。

お酢には漂白作用があるので、汚れや黄ばみが取れてきれいになります。

 

②塩

畳の目の中に、ごみやほこりが入り込んでとれにくい時があります。

そんな時はお塩を使います。

塩を畳に撒き、畳をたたきます。

そうすると塩と一緒にごみやほこりが浮き出てきます。

最後に掃除機をかけます。

たたくだけでは出てこない場合は、塩を撒いた後歯ブラシを使ってかき出すのもおすすめです。

 

③みかんの皮

みかんの皮3個分を水500CCの中に入れて、15分程煮出します。

よく冷ましたら、雑巾につけしっかり絞り、畳の目に沿って優しく拭き取ります。

みかんの皮に含まれるクエン酸により、黄ばみがとれツヤも出てくるのでおすすめです。

 

\畳の掃除は必ず目に沿って行ってください。/

お掃除ロボットを使用されるのは良いですが、目に沿ってかけてはくれないので畳が傷む場合がありますのでご注意ください。

 

ちなみに…

掃き掃除をされる際は、固く絞ったお茶の出し殻を撒いてから目に沿って掃くと効果的です。

是非、お試しくださいヽ(´▽`)

 


カテゴリー: 豆知識  タグ:, , , , , , , , ,

ダニを知ろう!

2017/10/05

皆さん、ダニの発生時期についてご存知ですか?

ダニは5月から増え始め、夏をピークに減っていくと言われています。

 

秋になり、ダニからは解放されたー!!と思いがちですが・・・

 

『ダニ増殖は減るが死骸や糞のピークは9~10月頃になる』

『刺されることは少なくなるが死骸や糞からもアレルギー性の病気になる』

 

という事は知っていましたか??(´Д` )

 

それに加え、暖房と加湿器を使っていたり寒いからといって換気を全くしないと冬になってもダニは発生しているのです!!

 

色々なダニについてあげてみたいと思います。

 

●ヒョウダニ(チリダニ)

餌・・・ほこり、ひとのフケ、アカなど

生息場所・・・カーペット、ベッド、枕、布団、ソファーに生息

・ほぼ一年見られる。

・高温多湿を好む。

・刺すことはないがダニの死骸がアレルギー性疾患の原因になる

 

●コナダニ

餌・・・・食品 (小麦粉、佐藤、煮干し、味噌など広範囲の食品、ワラ

場所・・・食品、タタミなど

・高温多湿を好み、ひとを刺すことはないが、大発生するとコナダニを捕食するツメダニによる刺咬被害が出る

 

●ツメダニ

餌・・・ほかのダニ

生息場所・・・・カーペット、畳

・吸血しないが稀に体液を吸う

 

●イエダニ

餌・・・ネズミ、哺乳類の血液

生息場所・・・ネズミの体、巣

・ネズミや鳥に寄生する吸血性のダニ

 

●マダニ

・肉眼でも確認できる大型のダニ

・夏場散歩中や公園で遊ぶ際は皮膚の露出を控えたり、虫よけスプレーで予防

・かゆみを伴わないので気が付かないことが多い

・刺された場合無理にとるとダニの口が残ることがあるので、医療機関で処置したほうがよい

 

アレルギーの原因となるダニ、アレルギー疾患の80%以上がダニによるものです。

 

9~10月はダニの死骸や糞がピークを迎えます。

布団の掃除機掛けと天日干し(可能なら丸洗い)やタンス、家具の隙間など家の隅々までの掃除、カーテン、カーペット、クッション等の洗濯をして、ダニの死骸や糞の掃除をしてみるといいですね☆

 

 

 

 

 

 

 


カテゴリー: 掃除  タグ:, , , , , , , ,
アーカイブ
2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
お問い合わせの方全員に!グッドホームがよくわかる小冊子プレゼント!! グッドホーム自慢の間取り集129プラン 家はもう一つの貯金箱である 住みたいイメージがよくわかる施工事例集
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話からもお気軽にお問い合わせください!0120-406-014  年中無休(盆・正月を除く)9:00〜18:00