スタッフブログ

子ども部屋づくりで気をつけるポイント

2018/11/19

「子どもの頃、自分だけの部屋が欲しかった」

「1つの部屋を姉妹で共有し、机を並べて勉強したり、

ダブルベッドで寝たりと、楽しく過ごしている友達が羨ましかった」

などの体験をもとに、子どもの頃に欲しかった部屋を

自分の子どもに与えようとする親御さん、

皆さんの身近にもいませんか?

より良い環境を与えたいという優しさだとは思いますが、

主役が『子ども』ではなく『自分』になっているのは問題ですよね。

子ども部屋については、

・そもそも、子どもに専用の個室は必要なのか

・どれくらいの広さが適切か

・同性は同室にした方が良いか

など、さまざまな疑問が出ています。

これらは、プロでも意見が分かれるほど難しい問題です。

なぜなら、子どもの個性によって正解が違うからです。

ですから、皆さんが子ども部屋を設ける際は、

「この子にはどんな部屋が適切だろうか」

と、それぞれを主役にして考えてみてください。

その際、一つだけ意識してほしいことがあります。

それは、あまりに快適すぎる部屋は与えない方が良いということです。

勉強も遊びも睡眠も(家庭によっては食事も!)自室で完結できる場合、

家族と共有スペースで過ごす必要がなくなります。

すると、家族とのコミュニケーションが減り、

『家族』から『同居人』になってしまいます。

また、学業を終えて収入を得られるようになっても、

「快適だから、自分だけの住処を探す必要はない」

と、自立心が育たないことがあります。

もちろん、就職後も実家で暮らすのは悪いことではありません。

ただ、家賃や食費などの負担をさせず、

全くの無償で住まわせるのは良いこととは言えません。

楽な環境を与えられた子どもは、

精神的にも経済的にも自立する気概が育ちませんからね。

悲しいことに、家族とより幸せに暮らすためにつくったはずの家が、

子どもをダメにする家になった事例はあります。

『自分の子どもの個性とは?』

自分の子どもだからといって100%理解できている方はいないと思います。

 

そんな時に、子どのも個性を見抜く素敵な講座があります!!

 

 

12月2日(日)    10:00~17:00

 

グッドホーム本社にて開催いたします♪

・1組30分ぐらいの相談時間です

・対象年齢の目安として、小学生までのお子様

・ご予約の上、ご来場願います

(ご予約受付期限は11月23日(金)まで)

お待ちしております(^_^)/

 

 

カテゴリー: セミナー, 家づくり  タグ:, , , , , , , , , , ,

分譲住宅について

2018/11/16

グッドホームの分譲住宅、必要な設備とそうでない設備を見極め、

お客さまにとって、

『手に届きやすくちょうどいいサイズの建物と価格』になるように設計されています!

 

1例として・・・

グッドホームの分譲住宅にはトイレが1つしかありません。

なぜかというと、注文住宅でお家を建てられたお客様の多くの方が、

「トイレは1つで十分だった」

「その分収納がたくさん欲しかった」

と言われます。

そんなお声をたくさん聞いているので、トイレの部分を収納スペースに充てています。

トイレを1つにする分、コストもカットされます。

 

その他にも、こだわりをもって分譲住宅をつくっています。

こだわりのお家を見学にきませんか??

 

お客様のご期待に応えられる物件がきっとあります!!

分譲住宅をお考えの方、マイホームへのこだわりを一緒に話し合いましょう(*^_^*)

 

グッドホームでは物件の見学を随時行っております☆

「見学したいけど、営業時間内には行けないんです・・・」

と言う方も、大丈夫です!!

ご希望のお時間でご見学いただけますよう、調整可能です。

お気軽にお問い合わせください(*^^)v

 

ご予約いただくと、特典として

QUOカード1,000円とティッシュ5箱をプレゼント☆☆

 

ご予約の上、ご来場ください!!

お待ちしております(^_^)/

 

→→ 分譲地住宅情報

 

 

 

 

カテゴリー: 家づくり  タグ:, , , , , , , , , ,

住宅セミナーのご案内☆

2018/11/12

新築の目的は、家族がより幸せに暮らすことでしたよね。

そのためには、安全予算を厳守しなければなりません。

安全予算を算出するには、現在の家計を把握するだけでは不十分です。

20年後、30年後の家計まで予想しなければなりません。

その時に欠かせないのが、生活設計を立てることです。

生活設計を立てると、それぞれの段階でやるべきこと、やってはいけないことが明確になります。

ここに、興味深いデータがあります。

生命保険文化センターが、具体的な生活設計を立てている人の割合を調べたものです。

●年齢別

20歳代・・・26.4%

30歳代・・・37.9%

40歳代・・・39.8%

50歳代・・・42.2%

60歳代・・・43.3%

●世帯収入別

・300~500万円未満・・・・39.6%

・500~700万円未満・・・・46.4%

・700~1,000万円未満・・55.7%

・1,000万円以上 ・・・・・60.1%

●住居種類別

・持家・ローンあり・・・42.3%

・持家・ローンなし・・・45.3%

・持家・夫婦以外名義・・25.4%

・賃貸住宅 ・・・・・・32.4%

・社宅 ・・・・・・・・50.0%

ちなみに、生活設計を立てない人は、

・将来の見通しを立て難いから

・経済的な余裕がないから

などを理由として挙げています。

『将来の見通しを立て難い』ということは、「住宅ローンを無事に返済できるかわからない」ということですよね。

『経済的な余裕が無い』ということは、「住宅ローンを組んだら、今以上に生活が苦しくなる恐れがある」ということですよね。

生活設計を立てないで新築した結果、生活が苦しくなって破産や離婚に至るケースは少なくありません。

将来までの生活設計をし、一年ごとの収支を予想できれば安全な予算がわかります。

予算次第では、新築より中古や賃貸の方が家族が幸せに暮らせるかもしれません。

家づくりを始める前に、まずはその見極めをしてみましょう。
ご自身に合った生活プランが分からなく、不安な方もいらっしゃると思います。

グッドホームでは月に1度『知っているだけで100万円以上得する「住宅」セミナー』を開催しております。

 

11月は18日(日)に開催致します。

 

1部 11:00~12:00

2部 14:00~15:00

 

会場:グッドホーム本社

(ご予約受付期限は11月16日(金)まで)

 

ご予約・ご来場特典として、QUOカード 1,000円分プレゼントになります☆

 

家づくりを考え中の方!

知識として知りたい方!

ご予約、お待ちしております☆

 

ご連絡・お問い合わせ

0120-406-014(9:00~18:00)

 

 

カテゴリー: セミナー  タグ:, , , , , ,

産業まつりに出店します(*^_^*)

2018/11/09

11月11日(日)に東郷町いこまい館で行われる『産業まつり』に出店します(*^^)v

 

去年、とっても好評でした“しゃぼん玉ゲーム”を

今年も開催することになりました♪

 

「大きなしゃぼん玉が上手に作れるかな?(*^_^*)」

 

大きなしゃぼん玉が上手に作れたお子様に、プレゼントをご用意してます☆

チャレンジしに、ブースまで遊びにきてください(^_^)/

 

お待ちしております♪

 

カテゴリー: イベント  タグ:, , , , , , , ,

立冬

2018/11/07

本日は“立冬”です。

 

立冬とは、一年を24に分けた“二十四節気”の19番目に当たる季節のことで、

『冬の気配を感じる日』とされています。

暦の上ではこの日からが『冬』となります。

 

では立冬には何をすればいいのでしょうか?

今の日本では立冬の日に何かをするという習慣はありません。

 

ですが、11月7日は

“鍋の日”と“あられ・おせんべいの日”となっています。

 

日中は暖かい日が続いていますが、朝晩は冷え込みますので、

お鍋を食べて体を温めるのもいいですね☆

 

ちなみに体を温める作用のある食べ物は

・にんじん

・ニラ

・ねぎ

・たまねぎ

・かぼちゃ

・大根

・しょうが

・大葉

・にんにく         などがあります。

 

たまねぎやねぎ、大葉、にんにく、しょうがや大根には殺菌作用がありますので、ウイルスが増える冬にはもってこいの食材です!!

 

これらの食材を使って、『餃子鍋』などはいかがでしょうか?

寒い冬を元気に越せる最強のお鍋ができあがり(*^_^*)

 

平日なので、にんにくには少々抵抗がありますが・・・是非お試しください(^_^)/

 

 

 

 

カテゴリー: 豆知識  タグ:, , , , , , ,

畳について

2018/11/05

地域別や畳が敷かれる場所によってサイズを5つに分けることができます。

畳は「寸」で表示されますが、現在ではわかりやすく「cm」で表す事も多いようです。

・京間

大きさ: 6尺3寸×3尺1寸5分(191cm×95.5cm)
主な地域: 京都をはじめ関西方面

・六一間

大きさ: 6尺1寸×3尺5分(185cm×92.5cm)

主な地域: 岡山、広島、山口などの山陰地方

・中京間

大きさ: 6尺×3尺(182cm×91cm)
主な地域: 岐阜、名古屋をはじめ中京地方。岩手、山形、福島、北陸、沖縄の一部の地方

・江戸間

大きさ: 5尺8寸×2尺9寸(176cm×88cm)
主な地域: 東京をはじめ関東地方と全国各地。関東間、田舎間と呼ばれる場合もあります

・団地間

大きさ: 5尺6寸×2尺8寸(170cm×85cm)
主な地域: アパートやマンションなどの集合住宅

 

このように地方によって畳の大きさは違います。

京間と団地間を比べるとかなりの大きさの違いがお分かりになるかと思います。

この違いの一説には、以前関西方面では家の大きさは畳の大きさをもとに作られていました。

それに対し関東方面では先に家を作り、作られた家の柱から柱の間を1間として畳を作っていました。

こうして畳の大きさに差が出たといわれています。

 

最近は和室がないお家も多いかと思います。

イ草の香りには、精神をリラックスさせる効果があります。

心を落ち着かせて集中力をアップさせる効果もあるため、畳の部屋の方が勉強の環境に向いていると言われています。

 

マイホームをお考えの方は、是非グッドホームまでご相談ください(^_^)/

 

カテゴリー: 家づくり  タグ:, , , , , , , ,

お家の性能を追求するには

2018/11/02

「耐震性と断熱性が優れた家を建てたい。

費用はどれくらい?

光熱費はどれくらい?」

さて、この質問に答えられる業者はいるでしょうか。

いるとしたら、

「すぐに回答できるなんてスゴイ!

きっと優秀な業者なんだろうな。」

と思いますか?

この質問だと情報が少なすぎて計算しようがないので、すぐに回答するのは不可能だと考えています。

どんなに頑張っても一般論しか答えられません。

しかも、実際の費用や光熱費がその金額を上回った場合、

「一般論にあてはまらなかった」ではすまされないですよね。

とは言うものの、

最近の地震の多さや温暖化を考えると、やはり費用や光熱費は気になりますよね。

そんなときは、まず

・予算

・家族構成

・こだわり

などの情報を業者に伝えましょう。

その条件を満たしつつ、耐震性や断熱性をどれくらい高められるのか、どんな方法で実現するのかを尋ねてみましょう。

みなさんの、家づくりは、まず予算ありきです。

その予算の範囲内でより幸せに暮らせる家づくりをするには、優先順位を間違わないことが大切です。

家づくりは、日々進化しています。

家の性能を高める方法は数多く存在します。

そのため、知れば知るほど訳が分からなくなり、迷宮入りしてしまうことがあるんです。

性能を最優先させるなら、建売住宅や中古住宅など、既存の家で性能を確認してから購入する方法もあります。

しかし、家族がより幸せに暮らすための家づくりを計画しているなら、数字で表せない部分も大切にしたいですね。

 

グッドホームではお客様に合ったお家づくりをご提案させていただきます。

お気軽にご相談ください(^_^)/

 

カテゴリー: 家づくり  タグ:, , , , , ,

冬のリフォーム作戦~ヒートショック対策~

2018/10/29

先日は窓についてのリフォームをご紹介しました。

 

今回はヒートショック対策についてご紹介します(*^_^*)

 

ヒートショックは起こりやすい場所として、浴室、脱衣室はご存知かと思いますが、意外な所でも起こってしまう可能性があります。

それは、トイレです。

トイレでのヒートショックは浴室より危険と言われています。

夜中や明け方にふと目覚めてトイレに立った時なんて、身震いするほどの冷えを感じますよね。

それが非常に危険な状態となります。

 

トイレはそもそも排泄する場所。

人によっては、排泄時にいきむことで血圧が急上昇する恐れがありますし、特に高血圧や動脈硬化などの疾患を持っている人は、気温差による血圧の急変のリスクも合わさり、心筋梗塞や脳出血などを起こすリスクが高くなる可能性があります。

 

ではどのような対策をすればいいのでしょう??

 

・便座を温かくする

暖房便座の温度の目安ですが、あまり高温にしすぎると、長く座った時に低温やけどをしてしまう可能性がありますので、触って冷たくない程度が適温です。

ご自宅が暖房便座ではない場合は、便座カバーをつけて便座が肌に直接触れるのを防ぎます。

 

・トイレの室温を上げる

最近ではトイレ用の暖房器具が発売されています。

人感センサー搭載型など種類はたくさんあります。

ご家庭に合ったものを設置することが大切です。

 

・トイレの窓にも要注意

先日、窓のリフォームでもご紹介しましたが、窓から入ってくる冷気でトイレの中も寒くなってしまいます。

内窓(2重窓)を設置し、冷気を入らなくすることが重要ですね!!

 

今回はトイレでのヒートショック対策についてご紹介しました。

 

お家のお困りごとは是非、グッドホームまでご相談ください(^_^)/

 

 

カテゴリー: 家づくり  タグ:, , , , , , ,

冬に向けてリフォーム作戦

2018/10/26

急に寒くなり、あっという間に冬がきます。

現時点の2018年冬の気温予報を見てみると、北日本は平年並み。

東日本から西日本は平年並みか平年より高い予報となっています。

といっても、寒いものは寒い!

寒さ対策をするなら、寒くなる前の今が絶好のチャンス!!

 

お部屋が寒い・・・

そんな時にお勧めなのが、窓のリフォーム。

簡単にできる方法は内窓(二重窓)をつけることです。

内窓(二重窓)をつけると結露防止、防音効果、断熱対策、防犯性が高い等の効果があります。

断熱対策にもなるので、光熱費が削減され、家計にも優しいお家づくりとなります☆

 

他にも、冬に向けての寒さ対策リフォームがあります。

 

お家で気になる事があれば、是非グッドホームまでご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

カテゴリー: 家づくり  タグ:, , , , , , , , ,

体調管理について!

2018/10/24

自分の平熱を知っていますか?

健康な人の平熱は36.5~37.1です。

最近は平熱が36度以下という「低体温」の人も増えてきているそうです。

 

今は情報が溢れる時代で、健康のために〇〇を食べるべき、朝食は取るべき、オーガニックの食品が良い、ジョギングすると良い、がん検診は毎年受けるべき、薬、予防接種……

健康のために様々なことが言われ、それぞれに対して賛否の声があります。

何を信じてよいものか迷うことも多々あるかと思います。

 

しかし、「体温が高い方が病気になりにくい」ということはほぼ全ての人が口を揃えて言います。

体温が下がると血流が悪くなり、免疫力も低下し、体内に異物を発見しても素早く駆除しれくれる白血球を集めにくくなり、ウイルスや細菌に負けて発病しやすくなってしまいます。

健康になるためには、まず「体温を上げること」と言っても良さそうです。

 

では体温を上げるためには何をすべきか…

 

・筋肉量を増やす

現在のライフスタイルは明らかな運動不足です。

昔に比べて家事や乗り物などが非常に便利になった反面、私たちの運動量は減りました。

また、ストレスによって分泌されるホルモンは筋肉を分解することによってストレスを緩和させるので、ストレスが強いと筋肉を痩せさせてしまうとも言われています。

まずはウォーキングやストレッチなどの運動を日常の生活に取り入れることを意識していきましょう。

 

・食事で体温を上げる

料理が冷たい、温かいに関わらず食材によって体を冷やしたり温めたりします。

意識的に体を温めるものを摂りましょう。

体を温める食べ物……ねぎ、にんじん、ごぼう、かぼちゃ、しょうが、にんにく、わかめ、ほうじ茶 など

体を冷やす食べ物……トマト、バナナ、りんご、豆腐、小麦、コーヒー、白砂糖 など

 

・浴槽につかる

浴槽にゆっくりと身体を浸けることは、体の基礎代謝が上がり血行が良くなると言われています。

シャワーだけで済ませず、じっくりと浴槽に浸かり、リラックスして身体を芯から温めましょう。

 

他にも冷暖房を使いすぎないこと、深呼吸をすること、厚着や薄着に気を付けること、など体温を上げるために少し意識してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

カテゴリー: 豆知識  タグ:, , , , , ,
アーカイブ
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
お問い合わせの方全員に!グッドホームがよくわかる小冊子プレゼント!! グッドホーム自慢の間取り集129プラン 家はもう一つの貯金箱である 住みたいイメージがよくわかる施工事例集
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話からもお気軽にお問い合わせください!0120-406-014  年中無休(盆・正月を除く)9:00〜18:00