スタッフブログ

家事動線

2018/06/12

「夢のマイホームが手に入った(*^^)v」

 

そこで終わりではありません。

そこからが新しい生活の始まりです。

 

マイホームを手に入れたら、ホッとできるくつろぎ空間にしたいと思いますよね♪

ですが、そうは言っても現実は難しい・・・

 

毎日の生活の中で、お仕事、家事、育児、掃除、洗濯、etc・・・

やらなければいけない事がたくさんあります。

時間に追われ、ホッとする間もなく1日が終わる・・・

 

そんな生活は嫌ですよね!!

 

夢のマイホームで、くつろぎの時間を持てるような“お家づくり”を考えてみませんか??

 

大切なのは“家事の動線を考えた間取り”にする事です。

・ご飯を作る

ご飯を作る際にキッチンでの動きは、冷蔵庫・シンク・調理台・コンロ・食器棚への移動。効率よく動くためにどうしたらいいかを考えていきます。

・洗濯をする

洗濯の際の動きとして、洗濯機・物干し場(ベランダ・ウッドデッキ・サンルームなど)・収納(ウォークインクローゼット・個室)があります。物干し場を2階や3階、もしくは屋上に設ける際には、横の動きだけでなく、縦方向への動線も考えていきます。

・掃除をする

お家づくりで一番難しいのが、掃除をするための動線です。人それぞれ、家の中での動きが違いますので、生活スタイルに合った動線を導き出していく必要があります。

 

家事動線が短ければ短いほど家事はスムーズで無駄のないものになります。

無駄な時間をなくし、その部分をくつろぎ時間にできたら、最高ですね(*^_^*)

 

お家づくりのプロだからこそ提案できる事があります(^_^)/

グッドホームと一緒に“お家づくり”してみませんか??

 

 

カテゴリー: 家づくり  タグ:, , , , , , , , ,

2Fにリビングのある生活♪

2018/04/04

リビングは、家族が集まる大事な場所です。

そのため、リビングを家のどこに配置するかとても重要になってきます。

 

リビングは、1階に設置することが一般的となっていますが、2階にリビングを設置することによって快適に生活することもできます。

 

ここで、2階リビングにした時のメリットとデメリットを考えていきましょう。

 

【メリット】

 

■陽当りの良さ

2階リビングの最大のメリットは、陽当りの良さだと思います。

大きな窓も設置可能なので、明るさや光を確保できます。

 

■プライバシーの確保

2階にリビングがあれば、隣家の方や通行人の視線が気になりません。

 

■狭小地向け

敷地が狭かったり、近隣との距離が近く陽当りや明るさが確保できない場合は、2階にリビングを設置すると快適に過ごせます。

 

■開放的な空間づくりができる

周辺環境にもよりますが、1階リビングに比べて開放的な空間を作り出すことができます。

周りの緑や空の青、部屋の中にいても自然を感じることができます。

 

【デメリット】

 

■階段の上り下り

2階にリビングを設置すると、階段の上り下りが多くなってしまいます。

若い時はいいですが、高齢になると足腰が弱り階段の上り下りが大変になります。

 

■1階の部屋が暗くなる

2階にリビングを設置すると、各個人の部屋を1階に設置することになりますので、個人の部屋が暗くなってしまう可能性があります。

■夏場の暑さ

夏場は、1階に比べ2階の方が暑くなります。

暑さの対策が必要となる可能性もあります。

風の通りを考えたりして、快適な生活ができるようにプランも考える必要もあります。

 

■防犯面の心配

2階にリビングを設置すると、2階での生活が多くなります。

1階に不審者が入っても気づきにくいため、防犯面に不安を感じることもあるようです。

防犯面についても慎重に考える必要も出てきます。

 

以上のように2階リビングには、メリットもデメリットもありますが、敷地の条件などによって変わります。

また、家族や生活によって住み心地も変わってきます。

そのため、2階リビングが良い、悪いと決めるのはとても難しいのです。

 

弊社には2階リビングの分譲があります。

名古屋市緑区六田分譲です。

2階リビングが気になる方、名古屋市緑区六田周辺でお家を探されている方は、実際に2階リビングのお家を見てみませんか??

お気軽にご連絡ください(^_^)/

 

 

カテゴリー: 家づくり  タグ:, , , , , , , , ,

和室と洋室の違い

2018/03/01

皆さまご存知かと思いますが・・・

畳を敷き詰めた部屋を“和室”

フローリングを敷き詰めた部屋を“洋室”と呼びます。

 

 

現代、和室といっても、伝統的な和室と現代的な和室があります。

伝統的な和室は柱を見せて床の間、仏間などがあり、風格もあります。

現代は家族構成などにより、柱を見せる和室から、床だけを畳に変更することが多くなってきています。

 

 

各部屋にはそれぞれメリット・デメリットがあります。

 

和室の畳は、柔らかくて冬暖かく夏涼しいといったメリットがあります。

また、畳のい草の独特の匂いはリラックス効果がありますし、直接ごろ寝をしやすいのでグータラ生活をするにはもってこいです。

お客様が来ても椅子は必要なく、座布団で済むのも和室の大きなメリットの一つです。

その一方、畳は傷みやすいと言われます。

また、フローリングと比べカビやダニが発生しやすく、アレルギーとなる恐れもありますし、液体をこぼすと汚れを取るのが大変になりシミが残ってしまいます。

 

洋室のフローリングの部屋は清潔感があり、畳のようにゴミが床に吸着しないので掃除がしやすいです。

また、おしゃれ感を出しやすいので、家具とかが畳の部屋よりもマッチしやすいです。

その一方、床は板なのでいつも冷たく、夏はよくても冬は靴下やスリッパがほしくなるかもしれませんし、畳みたいに音を吸収しないので音が響きやすいです。

あと、ほこりが舞いやすく、掃除は頻繁に行う必要があるでしょう。

 

それぞれにメリット・デメリットがありますので、生活スタイルにあったお部屋を選ぶことが重要となります。

 

お家の事でのご相談は是非グッドホームまでヽ(´▽`)

カテゴリー: 家づくり  タグ:, , , , , , , ,
アーカイブ
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
お問い合わせの方全員に!グッドホームがよくわかる小冊子プレゼント!! グッドホーム自慢の間取り集129プラン 家はもう一つの貯金箱である 住みたいイメージがよくわかる施工事例集
お問い合わせ・資料請求はこちら
お電話からもお気軽にお問い合わせください!0120-406-014  年中無休(盆・正月を除く)9:00〜18:00