tel年中無休9:00〜18:00

モデルハウス来場予約

無料カタログプレゼント

メニューを開く

blogスタッフブログ

メガメニュー を開く

メガメニュー を閉じる

2022/06/15

勝手口ドアからの侵入対策

勝手口ドアからの侵入対策 画像

こんにちは。

みよし市の工務店、グループホームです!

警視庁によると、

令和元年の侵入窃盗の総数は57,808件だったとか。

その発生場所で最も多いのは『一戸建て住宅』で、

全体の43.9%を占めています。

ちなみに、一戸建て住宅の侵入手口は、

・無締り(鍵の閉め忘れ)・・・45.5%

・ガラス破り・・・・・・・・・37.5%

で、3位のドア錠破りは2.9%となっています。

できるだけ短時間で犯行を終えたい侵入者にとって、

ドア錠破りはリスクが大きいのかもしれませんね。

ところでみなさん、開口部からの侵入というと、

どうしても玄関や窓を連想しがちです。

しかし、それ以上に危険なのに対策が

手薄になりがちな場所があります。

それは、『勝手口』です。

一般的に、勝手口は玄関より人目につかない場所にあります。

そして、玄関ドアより防犯性が低いといわれています。

例えば、勝手口ドアはガラス部分が多く、

ガラスを破れば開錠できますよね。

玄関ドアは、『2ロック』や『電子キー』など、

防犯性や利便性が常に追求されていますが、

勝手口ドアは『簡単なカギが一つだけ』というタイプが一般的です。

ちなみに、最近の一戸建て住宅の多くに用いられているのは、

上下にスライドする窓がついたドアです。

ドアを施錠した状態でも、窓のロックを外せば開閉できます。

そのため、窓を閉めた時にロックを忘れたり、

「ドア自体に施錠しているから大丈夫だろう」

「ガラス部分には面格子がついているから安全だ」

と、窓のロックをさほど重視しない方もいるんです。

最近は、ガラス破りやサムターン回し等を防ぐ

防犯性の高い勝手口ドアが次々に登場しています。

勝手口ドア用の、後付けできる補助錠もあります。

より防犯性を高めたいなら、

センサーライトや防犯ジャリなど、

勝手口に近づけないための対策を併用するのもおすすめです。

家族と安全な環境で安心して過ごせるよう、

玄関や窓はもちろん、勝手口の防犯対策にも配慮しましょう。

防犯対策はグッドホームにお任せください!

家づくりコラム

Welcome!

Welcome to GoodHome

家づくりの
お問い合わせ窓口

0120-406-0140120-406-014年中無休9:00〜18:00

無料相談・お問い合わせフォーム無料相談・お問い合わせフォーム

ページの先頭へ戻る