tel年中無休9:00〜18:00

モデルハウス来場予約

無料カタログプレゼント

メニューを開く

blogスタッフブログ

メガメニュー を開く

メガメニュー を閉じる

2022/03/27

子ども部屋は、巣立った後の使い方まで考えておきましょう♪

子ども部屋は、巣立った後の使い方まで考えておきましょう♪ 画像

みなさん、こんにちは。

卒業式を終え、進学や就職のために実家を離れた方は、

新しい生活環境に慣れようと頑張っている頃でしょう。

寮に入った方は関係者からのサポートがありますが、

アパート等で一人暮らしを始めた方は、

自由を満喫できる反面、全てが自分次第なので大変です。

知人のお子さんたちの様子を聞くと、

その苦労を楽しんでいるお子さんもいれば、

すでに心が折れそうになっているお子さんもいるとか。

一方、お子さんが巣立った後、

やっと子育てが終わったと喜んでいる方もいれば、

空っぽになった子ども部屋を見ると泣けてくる方もいるようです…。

■期間限定

結婚後も実家で両親と同居して子ども部屋を使い続ける方は、

かなりの少数派ではないでしょうか。

多くの方は、進学や就職、結婚を機に親元を離れます。

そのため、子ども部屋を使う期間は限られています。

そこで重要になるのが、部屋の主がいなくなった後の使い方です。

■巣立ち後の使用例

・リモートワークがメインになったので、仕事部屋として活用中。

・日当たりが良いので室内干しと水耕栽培に。雨や花粉、虫の悩み解消。

・来客や帰省した子どもが使えるよう、予備の部屋として整えた。

・夫婦の寝室を分けた。ベッドを置けるようになったので膝や腰が楽。

・壁を除去して二つの子ども部屋を一つにした。趣味を楽しんでいる。

・寝室の家具や荷物を移動した。寝室が広くなって快適。

■子どもの荷物

進学や就職で巣立つ時、まずは必要な荷物だけを持っていきます。

子ども部屋に残された荷物が多いほど、再活用が難しくなります。

それを防ぐため、子どもがいるうちに、

処分するものと残しておくものに分類させておきましょう。

そして、帰省の度に分類を繰り返し、

残したいけど持っていけないものだけに絞り込んでいきましょう。

減らしきれないために部屋を活用できない場合、

本人負担でトランクルームなどに預けると良いでしょう。

■就職後も実家暮らしを求められたら

「職場に近い」「収入が少ない」などの理由で、

子どもに就職後も実家暮らしを希望された時は、

家賃を請求した方が良いでしょう。

なぜなら、立ち位置は子どもでも、既に経済力のある成人です。

なのに、未成年の頃と同じ待遇をすると、

精神的にも経済的にも親に依存する恐れがあります。

親は、住宅ローンを払いながら老後の資金を貯めている最中です。

それに、成人後は、生活サイクルや人間関係など、

子どもが未成年だった頃とは違うストレスが待っています。

そういえば、一人の大人として毎月家賃を納めている子どもの方が、

未成年扱いを求める大きな子どもより、親はストレスを感じにくいとか。

金額は夫婦間や親子間での交渉次第ですが、世帯主の正当な権利です。

水道光熱費・家事込みにするか、家事を手分けする分減額するか…。

みなさんなら、どうしますか?

マイホームのご相談は是非、グッドホームまで(^^)/

グッドホームについて

Welcome!

Welcome to GoodHome

家づくりの
お問い合わせ窓口

0120-406-0140120-406-014年中無休9:00〜18:00

無料相談・お問い合わせフォーム無料相談・お問い合わせフォーム

ページの先頭へ戻る